LEGARE開発記 vol.51

LEGARE開発記 vol.51

こんにちは、酉抜です。

今週は定期的に行っている開発ミーティングを行いました。
複数ある開発中ルアーの中で進捗の良いもの、悪いものを再確認し一旦開発をストップさせるルアーを決めたり、先を考えた新ルアーをどうするか、などを話し合いました。
新ルアーについては近々フィールドスタッフも交えて、再度ミーティングを行う予定です。






<「ラプター」詳細>
現在、LEGAREフィールドスタッフの「かっきー」こと柿本岳志監修で開発を進めているライトゲーム用シンキングミノーの詳細をご紹介したいと思います。
現在は「ラプター」という仮称で呼んでいます。

開発スタート時にいただいた要望が次のような内容です。
・サイズ:45~50mm
・スローシンキング(10cm/sくらいの沈下速度)
・アクション:ロール主体の低速でI字
・マグネット無しの移動重心、ウェイトを戻さずに使えるように。←レンジを入れたいときに、速く沈めるため。
・リップは小さく、レンジキープと流れの圧を感じる役目。
・フックは基本#14で、#12にも対応。
・リングは0~00くらい。
・表層から30センチぐらいをドリフトさせる。


これを基にラプターの開発がスタートしました。




<ラプター1stプロト>
始めに作ったのが、次の2タイプです。



どちらも側面から見た時のリップ先端が根元より後方に位置する形状にしています。
これはひかえめなアクションにすることが目的で、水を掴み過ぎずにある程度は受け流すようにしました。

・タイプ①


これはオデコとアゴにリップをつけて、両方あるパターン、片方を削った2パターンの計3パターンを確認できるようにしました。
アゴのリップだけの場合は、リップが小さ過ぎて泳ぎ出しが悪すぎました。
オデコのリップだけの場合は、小さいローリングでしたがある程度の速度域ではしっかりと泳いでくれました。


・タイプ②

このタイプは①で動きが想定より大きくなることを心配して、リップ位置を後方にしてより動きを抑えるような形状として、①と同時に切削しました。
背ビレのようなデザインにしてみたかったので、これはリップというよりフィンと呼ぶのが近いかもしれないですね。
①のアゴのみリップと一緒でこれも全然アクションしませんでした・・・。
背ビレのデザインが気に入ってたので、個人的にはこれで進めたかったんですけど・・・残念ながら背ビレタイプはここでボツにしました(泣)



ということで次のプロトではタイプ①オデコリップをベースに改良を加えることにしました。





 

☆〜☆〜 LEGARE Official account 〜☆〜☆

【Website】
https://legare.jp

【Facebook】
https://www.facebook.com/legare045

【Instagram】
https://www.instagram.com/legare045/

【Twitter】
https://twitter.com/legare045


【LEGARE公式YouTubeチャンネルはこちらから】


Older Post Newer Post